西船橋駅から徒歩5分|歯科医院、歯医者、小児歯科などをお探しなら西船橋ももの実歯科医院まで

047-333-5033

院内勉強会:歯がなくなったところをどうするか?


投稿日:2016年8月23日

歯がなくなっても快適に食事するために!!

院長の加藤です。

 

8月19日の午後の診療をお休みして、歯をつくったりする歯科技工所「和田精密歯研」による欠損補綴(歯がないところをどうするのか?)の勉強会を開催しました。

IMG_1470

まず、しっかり咬める人は、認知症のリスクが2倍になります。
「しっかり」咬める事が必要で、ただ入れ歯を入れているだけでは効果がありません。

歯がなくなったところには「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」(「歯の移植」)があります。

入れ歯は、出し入れするタイプの物です。
保険の入れ歯を使うと10年後には、バネがかかっている歯が2本抜けてしまします。
保険の入れ歯は使えば使うほど、残っている歯がダメになってしまします。
ブリッジは、歯がなくなった前後の歯を削って歯を入れる治療です。
ブリッジを入れると、10年後には1本の歯は抜けてしまいます。負担がかかるのでしょう。

しっかり咬めて、しかも口の中の歯を保存する方法は何か?というと、

「金属床(保険外の入れ歯)」と「インプラント」です

歯がないところに、歯を入れるのではなく、

残っている歯を守るために、「金属床(保険外の入れ歯)」と「インプラント」を用いるのです!!
良く咬める、着けた感じがよいのはもちろんです!

保険治療は、最低限度の治療しかできません。最後に選ぶのは患者様ですが、選ぶ選択肢を増やしていくため、つまり様々なニーズに答えられるように勉強会を継続していきます。

土曜日も診療しております 土曜日も診療しております

「学業やお仕事で忙しいみなさまにも安心して通院していただきたい。」
そんな思いから診療時間を見直し、平日19時まで、土曜日18時に拡大させていただきました。

診療時間\曜日

午前

9:00 - 13:00
診療 診療 休診 診療 診療 診療 休診

午後

14:30 - 19:00
診療 診療 休診 診療 診療 18:00まで診療 休診
水曜・日曜・祝日は休診
土曜日午後は18:00まで診療