西船橋駅から徒歩5分|歯科医院、歯医者、小児歯科などをお探しなら西船橋ももの実歯科医院まで

047-333-5033

なぜ歯医者さんで泣いてしまうのか?〜診察編〜


投稿日:2018年9月25日

 

こんにちは。受付兼歯科助手の田邉です。

 

 

今日は、このシリーズもいよいよ最後!

 

準備が整い、これから診察が始まるという場面での子どもが泣いてしまう原因&対処法になります。

 

では、早速具体例を挙げてみましょう。

 

 

 

③診察中

 

・器具の見た目や音に驚いた

・チェアーに寝た状態で上を向くことが怖い

・ライトを当てられることが怖い、眩しい

・帰りたくて泣く(泣けば帰れると思っている)

 

 

 

これらの対処法ですが、まずは歯医者の雰囲気、器具、ライトに慣れるため、いきなり治療を始めるのではなく練習を重ねていくことです。

 

最初から大人のように器具や薬を使った治療を進めていくことは難しいので、まずは5分から10分、15分と少しずつ診察室での滞在時間を長くして、ある程度雰囲気に慣れてきてから治療を始めるようにします。

 

 

大人でも色々な器具が沢山並べられているところを見ると、少しドキッとしてしまいますよね。

 

子どもからしたらそういった器具だけでなく、治療中の様々な音、マスクをつけたスタッフなど、色々なものが恐怖や緊張の対象になっているのです。

 

 

また、中には何もしないうちから泣いてしまう子どももいますが、そういった子の中には「泣けばイヤなことはしなくて済む」、「泣いたらお父さんお母さんがお家に帰してくれる」と思い、その甘えから泣いているという場合があります。

 

 

難しいかもしれませんが、甘やかすだけではなく、時には厳しくすることも必要かもしれませんね。

 

 

このように、子どもが歯医者で泣いてしまう原因には様々なものがありますが、保護者とスタッフ双方が協力し、子どもが歯医者に慣れるまでゆっくり見守ってあげましょう!

 

大人になっても健康な歯を保つために、一緒に頑張っていきましょうね。

 

 

 

 

千葉県西船橋駅南口から徒歩5分
月・火・木・金 9:00~13:00 14:30~19:00
土 9:00~13:00 14:30~18:00

予約制(初めての患者様・急いでみて欲しい患者様は随時対応します、セカンドオピニオンにも対応)

〒273-0033千葉県船橋市本郷町663−3ソレーユ西船橋102

市川市、船橋市、JR総武線:西船橋駅・船橋駅・下総中山駅、京成電鉄:東中山駅・京成西船駅・海神駅、東葉高速鉄道:東海神駅、武蔵野線:船橋法典駅・市川大野駅、京葉線:南船橋駅・二俣新町駅、東西線:原木中山駅、妙典駅、行徳駅で、優しい痛くない歯医者、インプラント・白い歯(セラミック)治療、超精密義歯(痛くない・なんでも咬めるBPSデンチャー)、矯正治療をお探しなら西船橋ももの実歯科です。

土曜日も診療しております 土曜日も診療しております

「学業やお仕事で忙しいみなさまにも安心して通院していただきたい。」
そんな思いから診療時間を見直し、平日19時まで、土曜日18時に拡大させていただきました。

診療時間\曜日

午前

9:00 - 13:00
診療 診療 休診 診療 診療 診療 休診

午後

14:30 - 19:00
診療 診療 休診 診療 診療 18:00まで診療 休診
水曜・日曜・祝日は休診
土曜日午後は18:00まで診療