西船橋駅から徒歩5分|歯科医院、歯医者、小児歯科などをお探しなら西船橋ももの実歯科医院まで

047-333-5033

歯ぎしりから歯を守るために「ブラキシズムのためのスプリントデザイン」


投稿日:2016年8月8日

見えない力に抗う

 

院長の加藤です。

 

8月7日は母校の東京医科歯科大学にて、昭和大学馬場教授による「ブラキシズムのスプリントデザイン」に学術委員として参加してきました。

IMG_1426

皆様寝ている時の「歯ぎしり」指摘されたことはありませんか?
歯ぎしりは、「歯」にとってはあまり良くありません。
歯が割れる、被せた歯が欠ける、顎が痛くなる、口の周りの筋肉が痛くなる、歯がすり減る・・などなど様々な問題を生じてきます。

日中起きているときは、意識して変えられますが、寝ているときはなかなか対応が難しいです。
自己暗示などの方法もありますが、影響が大きい場合は寝ている時に「マウスピース(スプリント)」を入れてもらうことがあります。

寝ている時の力は制御できませんので、その力をうまく分散させ、身体に調和できるようなマウスピースのデザインが必要となります。
基本は、歯ぎしりした時にすべての歯があたる「フルバランスドオクルージョン」にするみたいです。

入れ歯は夜間外す患者様が多いと思いますが、「歯ぎしり」がある患者様は寝ている時専用の「入れ歯」を付ける必要がある場合もあります。

歯科の2大疾患である「虫歯」「歯周病」
それに加えて「力」をコントロールしなければ、長期に安定した治療結果が得られないことを再認識しました。

IMG_1427

 

 

土曜日も診療しております 土曜日も診療しております

「学業やお仕事で忙しいみなさまにも安心して通院していただきたい。」
そんな思いから診療時間を見直し、平日19時まで、土曜日18時に拡大させていただきました。

診療時間\曜日

午前

9:00 - 13:00
診療 診療 休診 診療 診療 診療 休診

午後

14:30 - 19:00
診療 診療 休診 診療 診療 18:00まで診療 休診
水曜・日曜・祝日は休診
土曜日午後は18:00まで診療